住まいづくりのこだわり

「育みデザイン」の暮らしを支える住まいづくりの基本。

自由なデザインで、心地よい暮らしを末長く

個性派ライフを描き出す工法や基礎など、基本構造へのこだわり。安心の暮らしを根本からご説明いたします。

自由な発想を支える「軸組みパネル工法」

自由な間取りを実現する軸組工法の利点を生かしながら、耐震パネルや補強金具をバランスよく使用。外殻の強固な6面体が、外からの力を全体に分散してバランスよく吸収。ねじれや倒壊を防ぐ強固な工法です。

軸組工法のメリット

  • 空間の設計自由度が高い。
  • 木の調湿効果が期待できる。
  • 部材類が豊富にそろっている。
  • 開口幅が大きくとれる。
  • 将来の改造、間取り変更、増築などが容易。

軸だけの場合弱い。面体で受ける事により、外からの力を全体に分散できるため強度が向上。

暮らしを強固に支える鉄筋べた基礎

地盤・基礎から細かな部材まで考え、優れた耐久性で住まい全体を強固に支えます。

べた基礎工法を採用。

面状に地盤全体で家を支える、安定性に優れた堅固な鉄筋コンクリートべた基礎を採用。耐震性に優れ、部分沈下を防止します。

換気に優れた基礎パッキン。

地中からの湿気は一面の防湿シートでしっかり防ぎます。さらに換気能力の高い基礎パッキンを基礎と土台の間に用い、基礎部分に開口部が無い頑強な構造です。

耐久性を考えた適材適所。

土台には湿気に強い桧、通し柱には粘り強い集成材と、適材適所に用いることで、より丈夫で長持ちする住まいを造りました。

基礎構造断面イメージ図

しっかり長持ち外壁通気工法

透湿防水シートで覆った構造壁と、サイディングの間に通気層を設け、壁内の湿気を素早く排出します。

結露を防止し、構造の性能をベストに保ちます。

壁体内の結露を防ぐことで、構造材の腐食や劣化を抑え、住まい全体を健やかに保ちます。

外気や直射日光に対して、遮熱効果を発揮します。

通気層を設けることで熱がこもらず、現場発泡ウレタン断熱材と相まって、遮熱効果が得られます。

断面イメージ図

※仕様は、物件によって異なる場合がございます。
※掲載の設備写真はサンプルです。実際とは仕様・色・柄等が異なる場合がございます。
※本ページの内容は、平成25年12月の情報に基づくため実際とは異なる場合がございますので、予めご了承ください。